[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (827KB) [会員限定]

日外会誌. 122(5): 462-467, 2021


特集

大動脈弁疾患に対する外科的治療の現況

5.低侵襲手術およびSutureless valveについて

東京女子医科大学 心臓血管外科学講座

菊地 千鶴男 , 新浪 博士

内容要旨
2019年に本邦でもsutureless valveが保険収載された.経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の認可は2013年であるから,約6年後の本邦登場である.従来の外科弁による大動脈弁置換術(SAVR)の手術成績が極めて良好であり,TAVRの症例数も劇的に増加している本邦において,後発のsutureless valveがどのような恩恵をもたらすのか.手術時間の短縮効果や低侵襲心臓手術(MICS)での使用における植込みのしやすさ,人工弁としての耐久性などsutureless valveが今後のstandardとなりうるか?登場から2年あまりが経ち本邦におけるsutureless valveの現状と今後の展望について報告する.

キーワード
大動脈弁, 人工弁, Sutureless, PERCEVAL, Intuity


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。