[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1069KB) [会員限定]

日外会誌. 122(5): 456-461, 2021


特集

大動脈弁疾患に対する外科的治療の現況

4.狭小弁輪への対応

熊本大学病院 心臓血管外科

高木 淳 , 西川 幸作 , 吉永 隆 , 岡本 健 , 福井 寿啓

内容要旨
本邦では近年,人口の高齢化に伴い加齢による大動脈弁狭窄症(AS)の症例が増加しているが,欧米に比べ体格の小さい患者が多い本邦では大動脈弁輪径の小さい狭小弁輪症例が多い.ASに対する外科的大動脈弁置換術(SAVR)における問題の一つに術後の患者-人工弁不均衡(patient-prosthesis mismatch:PPM)の発生があるが,狭小弁輪症例においては至適サイズの人工弁を植え込むことが難しい場合や,最小径の人工弁が入らない場合も多く,PPMの発生がより問題となってくる.PPMは術後に高い圧較差を残し,SAVR後の遠隔成績を悪化させる因子である.術前の弁輪径から術後PPMの発生が懸念される症例では,それを回避すべく,術後の有効弁口面積を広く取れる外巻き生体弁の使用や,単結節縫合による人工弁の植え込み,大動脈弁輪拡大術の併施などを考慮する必要がある.

キーワード
大動脈弁狭窄症, 狭小弁輪, Patient-prosthesis mismatch


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。