[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (717KB)

日外会誌. 121(4): 442-447, 2020


特集

食道癌診療の現況と展望

7.集学的治療

1) 浜松医科大学 外科学第二講座
2) 浜松医科大学 周術期等生活機能支援学講座

菊池 寛利1) , 平松 良浩2) , 神谷 欣志1) , 竹内 裕也1)

内容要旨
食道癌は予後不良な疾患であり,特に進行癌では手術単独による治療成績は十分でない.本邦における食道癌は扁平上皮癌(SCC)が多く,化学療法や放射線療法に対する感受性が高いこともあり,根治的化学放射線療法,術後補助化学療法や術前補助療法などの集学的治療の構築が特に重要である.cStageⅠ食道癌に対する治療の第一選択肢は手術であるが,JCOG0502試験の結果から,根治的化学放射線療法が標準治療の一つとなった.cStageⅡ~Ⅲ食道癌に対してはJCOG9907試験の結果から,術前補助化学療法+手術が治療の第一選択肢である.一方,可能な限り食道温存を希望するcStageⅡ~Ⅲ食道癌患者に対しては,JCOG0909試験の結果から,照射線量50.4Gyの根治的化学放射線療法と救済治療を組み合わせた戦略が治療選択肢の一つとなる.cStageⅣa食道SCCに対する治療方針は,performance statusが良好であれば化学放射線療法または化学療法(+救済手術)が選択される.今後免疫チェック阻害薬が食道癌に対する新たな治療法の一つとなることにより,食道癌に対する集学的治療が新たな段階を迎え,更なる治療成績の向上が期待される.

キーワード
食道切除術, 化学療法, 放射線療法, 免疫チェック阻害


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。