[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (676KB)

日外会誌. 121(4): 448-452, 2020


特集

食道癌診療の現況と展望

8.根治的化学放射線療法とサルベージ手術

がん研究会有明病院消化器センター 食道外科

岡村 明彦 , 速水 克 , 上月 亮太郎 , 問端 輔 , 高橋 慶太 , 大竹 玲子 , 堀 創史 , 今村 裕 , 渡邊 雅之

内容要旨
食道扁平上皮癌に対する根治的化学放射線療法は,非外科的治療を行う場合の標準的治療として位置づけられている.cStageⅠ症例に対して,根治的化学放射線療法は外科的治療と同等の長期予後が期待できることが報告され,標準治療の一つとなっている.cStageⅡ/Ⅲ症例に対して,術前補助化学療法後の手術が標準治療であるものの,根治的化学放射線療法は根治の可能性のある治療選択肢であり,耐術困難症例や手術拒否例に推奨される.切除不能局所進行食道癌(cStageⅣa)においては,根治的化学放射線療法が根治の可能性がある標準治療である.このように,根治的化学放射線療法は内視鏡的治療の適応となる表在癌と遠隔転移を有する症例を除く,全ての症例が対象となり得る.
一方で,根治的化学放射線療法後の遺残あるいは再発に対して,サルベージ手術は根治を期待し得る選択肢であるが,術後合併症発生と在院死亡のリスクの高い手術である.過去の報告からは,適切な症例選択とR0切除が予後改善に重要であり,同時に術後合併症の軽減に配慮した周術期管理が求められる.

キーワード
根治的化学放射線療法, サルベージ手術, 周術期管理, 多職種チーム


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。