[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (759KB)

日外会誌. 121(4): 435-441, 2020


特集

食道癌診療の現況と展望

6.胸部食道癌に対する低侵襲手術

東海大学医学部 消化器外科

小柳 和夫 , 小澤 壯治 , 二宮 大和 , 谷田部 健太郎 , 樋口 格 , 山本 美保

内容要旨
胸腔鏡や腹腔鏡を用いた食道癌内視鏡外科手術はMinimally Invasive Esophagectomy(MIE)と呼ばれ,本邦でも,その手術件数は増加傾向をたどっている.MIEに含まれる手術手技は多岐にわたり,胸腔鏡下,ロボット支援下,縦隔鏡下食道切除術などが代表的な手術術式として挙げられる.MIEでは,拡大視効果により,精細な手術が可能であり,根治性の向上につながることが期待される.また,体壁破壊の少なさは,術後合併症の軽減やQOLの維持に貢献すると考えられる.
MIEの短期成績,長期成績は,ともに良好な結果が示されている.胸腔鏡下手術では,開胸手術に比較し,手術時間は延長するものの,出血量は有意に減少することが示されている.術後肺合併症とsurgical site infectionの減少が認められ,QOLが維持され,長期的な予後も開胸手術と同等であった.ロボット支援下手術では,さらに多関節機能などにより,反回神経麻痺の軽減やリンパ節郭清精度の向上が期待される.縦隔鏡下手術は,手術時間が短く,片肺換気を必要としないことより,さらなる肺合併症の軽減が期待される.
MIEは,食道癌の根治とQOLの維持という,二つの大きな目標を達成可能な術式と考えられる.しかしながら,MIEは,高度な技能を必要とする手術手技であり,安全に手術を遂行するために,助手や手術室スタッフを含めたチームとしての手術技量の向上に取り組むことが重要である.

キーワード
胸部食道癌, 胸腔鏡下食道切除術, ロボット支援下手術, 縦隔鏡下手術


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。