[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (2721KB)

日外会誌. 121(3): 309-314, 2020


特集

大腸癌に対する内視鏡手術の進歩

6.NOSE(Natural orifice specimen extraction)を用いた腹腔鏡下大腸切除術

厚生連長岡中央綜合病院 消化器病センター外科

西村 淳 , 川原 聖佳子 , 河内 保之 , 牧野 成人 , 北見 智恵 , 新国 恵也

内容要旨
Natural orifice specimen extraction(以下,NOSE)は,切除標本を自然孔から摘出することにより小開腹創を省略し,腹壁破壊を低減する手法である.大腸癌に対するNOSEは経肛門的,経腟的標本摘出が世界的に多数実施されている.システマティックレビューやメタアナリシスによればNOSEの手技は安全で実行可能であり,創痛の軽減,創関連合併症減少,入院期間短縮,優れた整容性が期待できる.しかし,腫瘍原発臓器を腹腔内で開放する手技であるため,腫瘍細胞の播種を防止することが至上命題である.長期成績のエビデンスに乏しく,現時点で最もよい適応は,EMR,ESDによる原発巣切除後の追加切除例であろう.術後の排便機能,性機能,妊孕性への影響も十分には検証されていない.今後は質の高いRCTによる評価が必要である.

キーワード
腹腔鏡下大腸切除術, NOSE, 経肛門的標本摘出, 経腟的標本摘出


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。