[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (616KB)

日外会誌. 121(3): 306-308, 2020


特集

大腸癌に対する内視鏡手術の進歩

5.ICG蛍光法を用いた横行結腸癌に対する腹腔鏡下リンパ節郭清

1) 横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター外科
2) 横浜市立大学 消化器・腫瘍外科学

渡邉 純1) , 諏訪 雄亮1) , 石部 敦士2) , 國崎 主税1) , 遠藤 格2)

内容要旨
横行結腸癌の手術は,癌の局在や血管のvariationによってリンパ流が異なるために郭清範囲の決定が難しい.近年,体外式や腹腔鏡での近赤外光観察装置の普及により,インドシアニングリーン(ICG)蛍光法が幅広く臨床応用されるようになった.大腸癌手術に対しても,ICG蛍光法は,吻合部腸管の血流評価やリンパ流評価などに臨床応用されている.リンパ流が複雑な横行結腸で,効果的なリンパ節郭清を行うためには,横行結腸のリンパ流に対する理解を深めることが非常に有用である.本稿では,術中ICG蛍光法を利用した腹腔鏡下横行結腸癌手術の方法と,右側横行結腸(肝弯曲),横行結腸中央部,左側横行結腸(脾弯曲)のリンパ流に関して概説する.

キーワード
横行結腸癌, 腹腔鏡手術, ICG蛍光法, 副中結腸動脈, complete mesocolic excision


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。