[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (724KB)

日外会誌. 121(3): 315-320, 2020


特集

大腸癌に対する内視鏡手術の進歩

7.直腸癌に対するTaTME(Transanal TME)

福岡大学 医学部消化器外科

長谷川 傑 , 梶谷 竜路 , 棟近 太郎 , 松本 芳子 , 長野 秀樹 , 薦野 晃 , 愛洲 尚哉 , 吉松 軍平 , 吉田 陽一郎

内容要旨
直腸癌に対する腹腔鏡手術は近年普及の一途をたどっている.一方で男性狭骨盤やbulky腫瘍などの高難度症例に対しては,鉗子操作の制限などからCRMの陽性率が高まる懸念があるとされている.Transanal TME(TaTME)は経肛門手術と単孔式内視鏡手術の融合技術として発展したが,そのような腹腔鏡手術の限界を補う手技として近年徐々に広がりをみせてきている.TaTMEには腹部からの視野が取りにくい下部直腸肛門管周囲,特に前壁側での視野展開と手術操作が容易であるという特徴があるが,単孔式手術手技の難度は高く,肛門側からの視野への慣れが必要で,術中の尿道損傷やpurse-string rupture,CO2塞栓など本術式に特異的な合併症も指摘されている.TaTMEはまだ歴史の浅い術式のためその有効性を示したエビデンスには乏しいが,これまでの研究では開腹移行率,合併症率,DM・CRM陽性率などの因子において腹腔鏡アプローチに比較して良好な成績が期待されている.安全に本術の利点を最大に引き出すためには,段階を経た適切なトレーニングを行うことが重要である.

キーワード
直腸癌, 腹腔鏡手術, 経肛門手術, TaTME


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。