バックナンバー・特集

第115巻 第4号 2014年

特集
胆道癌外科治療の現況

Editorial 
外科医のキャリアパスと新専門医制度
北川 雄光
日外会誌. 115(4): 175-176, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (154KB)


会員へのメッセージ 
医療事故調査制度への取り組みと今後
松原 久裕
日外会誌. 115(4): 177-179, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1197KB)


特集 胆道癌外科治療の現況
1.特集によせて
平野 聡
日外会誌. 115(4): 180, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (125KB)


特集 胆道癌外科治療の現況
2.肝門部胆管癌の外科治療の現況―特に術式選択と血管合併切除術に関して―
海野 倫明
日外会誌. 115(4): 181-184, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (250KB)


特集 胆道癌外科治療の現況
3.胆嚢癌の外科治療の現況―特に外科切除の限界,至適切除範囲に関して―
坂田 純, 滝沢 一泰, 高野 可赴, 小林 隆, 皆川 昌広, 若井 俊文
日外会誌. 115(4): 185-189, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (250KB)


特集 胆道癌外科治療の現況
4.中下部胆管癌の外科治療の現況―特に胆管の肝側・十二指腸側切除範囲について―
遠藤 格, 松山 隆生, 森 隆太郎, 谷口 浩一, 熊本 宜文, 武田 和永
日外会誌. 115(4): 190-194, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (313KB)


特集 胆道癌外科治療の現況
5.十二指腸乳頭部癌の外科治療の現況―至適リンパ節郭清範囲,外科的乳頭切除を含めて―
安永 昌史, 木下 壽文
日外会誌. 115(4): 195-200, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (508KB)


特集 胆管癌外科治療の現況
6.胆道癌取扱い規約における肝門部“領域”胆管癌の提唱
江畑 智希, 横山 幸浩, 菅原 元, 伊神 剛, 水野 隆史, 深谷 昌秀, 上原 圭介, 板津 慶太, 吉岡 裕一郎, 國料 俊男, 梛野 正人
日外会誌. 115(4): 201-205, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (394KB)


特集 胆道癌外科治療の現況
7.胆道癌に対する補助療法の現況
加藤 厚, 宮崎 勝
日外会誌. 115(4): 206-211, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (247KB)


会員のための企画 極低出生体重児の外科治療
小児外科の立場から
窪田 昭男
日外会誌. 115(4): 212-216, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (303KB)


会員のための企画 
医療訴訟事例から学ぶ(79)―発熱と痙攣を主訴として入院した当時10カ月の幼児について,医師が適時に結核性髄膜炎との鑑別診断をせず,専門医に転医させなかったことについて過失があるとされた事例―
梶谷 篤, 浅田 眞弓, 桑原 博道, 川﨑 志保理, 小林 弘幸
日外会誌. 115(4): 217-218, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (198KB)


手術のtips and pitfalls 
内視鏡下膵体尾部切除術の工夫とそのコツ
堀口 明彦, 宇山 一朗
日外会誌. 115(4): 219-220, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (344KB)


特別寄稿 
急性期外科領域の特定看護師教育の実際
石原 慎, 堀口 明彦, 高木 靖, 松井 俊和, 渡邊 孝
日外会誌. 115(4): 221-225, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (267KB)


特別寄稿 
スタンフォード大学病院におけるナースプラクティショナーの現状
御手洗 剛
日外会誌. 115(4): 226-230, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (442KB)


特別寄稿 
コンフリクトが困難化しやすい疾患·診療行為類型の検討―裁判例からの考察―
越後 純子
日外会誌. 115(4): 231-235, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (356KB)


印象記 
第131回ドイツ外科学会出席記
進藤 潤一
日外会誌. 115(4): 236-238, 2014
[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (330KB)


PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。

日外会誌  ISSN 1880-1129