[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1093KB) [会員限定]

日外会誌. 124(4): 336-341, 2023


特集

外科的冠動脈血行再建術の現状と展望

5.MICS CABG

兵庫医科大学 心臓血管外科

坂口 太一

内容要旨
近年冠動脈治療におけるハートチームの重要性が強調されるようになり,冠動脈バイパス術(CABG:coronary artery bypass grafting)と経皮的冠動脈インターベンション(PCI:percutaneous coronary intervention)の特性を考慮しながら,個々の患者に合わせた冠動脈血行再建法を選択することが推奨されている.そのような状況において低侵襲冠動脈バイパス術(MICS CABG:minimally invasive CABG)は正中切開によるCABGとPCIの間に位置するものとして注目を集めている.最近では両側内胸動脈(BITA:bilateral internal thoracic arteries)を用いたMICS CABGやロボットによる完全内視鏡下多枝CABG(TECAB:totally endoscopic coronary artery bypass)の良好な成績も報告されている.長期成績についてはさらなる検証が必要であるが,低侵襲化の流れのなかで,PCIとのハイブリッド治療を含めた包括的な冠動脈血行再建の選択肢の一つとして,MICS CABGは今後ますます注目されると考えられる.

キーワード
低侵襲心臓手術, 冠動脈バイパス術, オフポンプ, MICS


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。