[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (669KB) [会員限定]

日外会誌. 124(4): 332-335, 2023


特集

外科的冠動脈血行再建術の現状と展望

4.動脈グラフトと静脈グラフト

京都府立医科大学 心臓血管外科

沼田 智 , 夜久 均

内容要旨
冠動脈バイパスに使用されるグラフトの内,内胸動脈が第一選択であることはゆるぎなく,その効果は単に血流を改善するのみならず,NOを分泌することで内分泌的効果を吻合した冠動脈にも及ぼし,長期に渡り効果が持続する.大伏在静脈はnon-touch法が行われ,その良好な遠隔成績が報告されつつあり,リバイバルの様相を示している.橈骨動脈は前向き試験での優位性が報告されており,米国のガイドラインでは第二のグラフトとしてClass 1の推奨となった.

キーワード
内胸動脈, 橈骨動脈, 大伏在静脈, 右胃大網動脈


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。