[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (2264KB) [会員限定]

日外会誌. 124(4): 342-347, 2023


特集

外科的冠動脈血行再建術の現状と展望

6.ロボット支援下CABG

東京医科歯科大学 心臓血管外科

藤田 知之

内容要旨
ダビンチを用いたロボット補助下での冠動脈バイパス術(RCABG;robotic CABG)は経験を必要とするものの世界の複数の施設で行われている.現在日本では適応がないが,ロボット補助下での内胸動脈(ITA)採取は,胸部外科の手技として適応があるので施行可能である.RCABGは胸骨切開を要しないため,合併症の回避,入院期間の短縮,早期社会復帰,早期活動性の回復などに寄与する.RCABGは技術的に難しく,以前はU-Clipという自動結紮デバイスやCardia Flex-A devicという自動吻合機があったため比較的容易に短時間で吻合を行うことができたが,今はモノプロピレン糸を用いて手で縫う必要がある.一方で,ITA採取はそれほど技術的には困難ではない.MICS-CABGの一部として有用な技術であるため,今後も施行され続けると考える.現在,多枝病変に対してはPCIと組み合わせたHybrid revascularizationの考え方が提唱されている.両側ITAを左側に吻合しPCIを右側に行うことでITAの優位性を活かしたrevascularizationを行うことができ,諸家が報告する短期,長期成績は良好である.今後はこのような柔軟な考えがRCABGの未来を形成すると考えられる.

キーワード
ダビンチ, 内胸動脈, 冠動脈バイパス術, ロボット補助下


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。