[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (8596KB) [会員限定]

日外会誌. 123(3): 240-246, 2022


特集

本邦の大腸癌治療の現状と展望―海外における標準治療と比較して

5.局所進行直腸癌に対する局所制御法

国立がん研究センター中央病院 大腸外科

金光 幸秀

内容要旨
局所進行直腸癌に対する欧米と本邦の治療パラダイムの違いは,優先順位の違いから生まれたものである.欧米では,治療開発の主眼が側方領域よりもTMEの完全性を術前治療によって高める方に置かれてきたことによる.一方,本邦では拡大リンパ節郭清の概念を発展させ,TMEに側方郭清を加えるという手術手技を独自に発展させてきた.TME導入以前の欧米の局所再発率と比べて明らかに良い成績であることから,側方郭清は下部進行直腸癌に対する標準的治療として受け入れられてきた.その意義を科学的に検証しようというのが,TME vs.TME+側方郭清ランダム化比較試験のJCOG0212である.その主解析結果から得られた知見は,術前画像診断で明らかな側方リンパ節転移が認められない症例に対する側方郭清の位置づけを明らかにし,下部進行直腸癌に対する日本の標準手術であるTME+側方郭清術の妥当性を裏付けるものである.その一方で,側方郭清+術後補助化学療法のみでは治癒が得られない高リスクな対象も明らかになってきた.今後は,再発リスクに応じて側方郭清および術前治療の適応を最適化した集学的治療の開発が期待される.

キーワード
直腸癌, 側方郭清, 術前治療, TME, JCOG0212


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。