[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1016KB) [会員限定]

日外会誌. 123(3): 247-254, 2022


特集

本邦の大腸癌治療の現状と展望―海外における標準治療と比較して

6.直腸癌に対するWatch and Waitアプローチ

公益財団法人がん研究会有明病院消化器センター 大腸外科

秋吉 高志 , 向井 俊貴 , 日吉 幸晴 , 長嵜 寿矢 , 山口 智弘 , 福長 洋介

内容要旨
下部直腸癌に対する標準治療は本邦では直腸間膜全切除(TME)+側方郭清であるが,TME後は永久人工造設や排便障害等により患者のQOLは低下する.欧米では進行直腸癌に対して術前化学放射線療法(CRT)が広く行われてきたが,近年CRTの前後に術前全身化学療法を行うtotal neoadjuvant therapyが普及し,治療後に臨床的完全奏効(cCR)が得られる症例が増加している.cCRに対しすぐにTMEを行わずに綿密なサーベイランスを行い,局所再増大した場合はすぐに救済手術を行うWatch and Waitアプローチが直腸温存と患者のQOL向上を可能にするアプローチとして欧米を中心にその存在感が増してきている.一方,cCRの判定に統一された再現性のある基準はなく一定数の局所再増大は避けられない.局所再増大症例の切除遅延による腫瘍学的リスクを最小限にするためにも,適切な時期に救済手術が施行される必要がある.CRTが標準治療として確立していない本邦においては適切な臨床導入が望まれる.

キーワード
進行直腸癌, 術前化学放射線療法, total neoadjuvant therapy, Watch & Wait, 臨床的完全奏効


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。