[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1849KB)

日外会誌. 121(5): 522-528, 2020


特集

改めて認識する小児急性腹症治療に対する外科医の役割

7.婦人科および泌尿器科疾患

茨城県立こども病院 小児外科

矢内 俊裕 , 東間 未来 , 益子 貴行

内容要旨
小児の急性腹症を呈する婦人科疾患および泌尿器科疾患のうち,緊急手術を要する卵巣腫瘍茎捻転,異所性妊娠(子宮外妊娠),精巣捻転などでは,見逃すと生殖器機能の消失や生命にかかわる結果を招くため,これらの疾患を常に念頭において診察し,小児外科,産婦人科,泌尿器科にコンサルトする適切なタイミングを逸してはならない.ほかには,婦人科疾患として卵巣腫瘤の破裂や卵巣出血,月経モリミナ症状(腟留血症,子宮留血症),骨盤内炎症性疾患などが,泌尿器科疾患として尿路通過障害,尿路感染症,腎腫瘍の破裂・出血などが挙げられる.稀な疾患においても鑑別疾患として疑って診察すれば,画像検査を駆使して正確な診断および適切な治療法を選択することが可能である.

キーワード
急性腹症, 小児, 婦人科疾患, 泌尿器科疾患


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。