[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1492KB)

日外会誌. 121(5): 517-521, 2020


特集

改めて認識する小児急性腹症治療に対する外科医の役割

6.胆道系疾患

東京女子医科大学 小児外科

世川 修

内容要旨
小児領域における急性腹症の原因として,胆道系疾患は疾患の種類・症例数ともに非常に少ない.その中で,比較的報告例が多い疾患は胆嚢捻転症,胆石症,先天性胆道拡張症(胆道穿孔)である.胆嚢捻転症は,捻転に伴う血流障害から胆嚢壊死に至り,致死的となることもある疾患であり,先天性疾患である遊走胆嚢が発症に大きく関係している.小児では遊走胆嚢の形態的特徴から,成人と比べて捻転が高度となりやすい特徴がある.胆石症は,小児では疾患そのものが急性腹症の原因となることは稀だが,小児胆石症には基礎疾患が存在することが多く,その基礎疾患が急性腹症と関連することがあるため,基礎疾患の検索が必要である.先天性胆道拡張症は,膵・胆管合流異常症の存在のために,蛋白栓による胆道閉塞や胆道穿孔を合併し急性腹症の原因となり,根治手術前に胆道ドレナージや緊急手術が必要になることがある.胆嚢捻転症や胆道穿孔に対する治療として,小児領域でも腹腔鏡手術の報告が増えてきており,今後も胆道系急性腹症疾患に対するさらなる低侵襲手術が期待される.

キーワード
小児, 胆嚢捻転症, 胆石症, 先天性胆道拡張症, 腹腔鏡手術


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。