[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1987KB)

日外会誌. 121(5): 510-516, 2020


特集

改めて認識する小児急性腹症治療に対する外科医の役割

5.見逃してはならない腹痛(虫垂炎を除く)

香川大学医学部 小児外科

藤井 喬之 , 下野 隆一

内容要旨
腹痛は小児の救急外来受診の理由として多く,日常診療で遭遇する機会が多い.しかし,腹痛を主訴に受診しても,手術を要する疾患は1%程度と少ないが,このような外科的な腹痛を見逃さないようにしなければならない.
絶対に見逃してはならない腹痛として,致命的になり得る血行障害を伴う病態と,汎発性腹膜炎があげられる.胆汁性もしくは便汁様嘔吐はイレウスを示唆する徴候として重要である.手術歴が無い,もしくは病因や病歴がはっきり分からない腹痛は内ヘルニアや腸捻転などの可能性がある.乳幼児の腹膜炎は特異的な所見に乏しいことがあり注意が必要である.また,鼠径部に異常をきたす鼠径ヘルニア嵌頓や急性陰嚢症は見逃されやすい.
急性腹症治療に対する外科医の役割として1番に求められるのは,初診時に正確な病名診断を行うことよりも,手術が必要かどうかを判断する病態診断を行うことである.この判断は必ずしも1回で下す必要はなく,経時的な変化を観察する,フォローアップをきちんと行うことが大切である.

キーワード
小児, 急性腹症, 小児救急, 小児外科医, 外科医


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。