[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (868KB)

日外会誌. 121(3): 321-327, 2020


特集

大腸癌に対する内視鏡手術の進歩

8.直腸癌に対する腹腔鏡下側方郭清術

虎の門病院 消化器外科

平松 康輔 , 黒柳 洋弥 , 的場 周一郎 , 西原 悠樹 , 前田 裕介 , 藤井 能嗣 , 花岡 裕 , 佐藤 力弥 , 戸田 重夫 , 上野 雅資

内容要旨
腫瘍下縁が腹膜反転部以下のcT3以深の進行直腸癌に対する標準治療について,わが国ではTME(total mesorectal excision)に加えて側方郭清が推奨されている.一方で欧米では術前化学放射線療法(CRT)を用いた集学的治療が標準治療である.JCOG0212において本邦における側方郭清が安全面や機能温存の面で十分許容されうるものであると示唆され,また予防的側方郭清が局所再発率を低下させると示された.その一方で側方郭清と術前CRTいずれも一定の割合で側方領域の局所再発が報告されている.こうした中でさらなる局所コントロールの向上を図るうえで一つの選択肢が術前CRTと選択的側方郭清の併施である.これは術前(C)RTに加えて画像上転移が疑われるリンパ節を認める場合に腫大した側の側方郭清を施行するものである.2019年に欧米を含めた国際的多施設共同の後ろ向き研究の結果が報告されており術前(C)RTとTMEに加えて側方郭清を行うことの有効性を報告している.このように側方郭清の治療効果については近年欧米でも注目されている.腹腔鏡下側方郭清は近年ではより多くの施設で行われるようになり,映像での教育効果により徐々に手術の習熟度が向上し均てん化してきている.また高精細な3D画像下での手術が可能になった現在,開腹手術と比較しても同等の安全性と長期成績の報告もあり今後もさらなる発展が期待できる.側方郭清を用いた治療成績については今後も本邦から世界に発信していくべきであろう.

キーワード
直腸癌, 側方リンパ節転移, 腹腔鏡下側方郭清, 選択的側方郭清, 術前化学放射線療法


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。