[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (7084KB)

日外会誌. 121(3): 301-305, 2020


特集

大腸癌に対する内視鏡手術の進歩

4.右側結腸癌に対する腹腔鏡下体内吻合術―完全腹腔鏡下結腸右半切除術―

1) 大阪医科大学病院 がん医療総合センター・消化器外科
2) 大阪医科大学 一般・消化器・小児外科
3) 市立ひらかた病院 消化器外科
4) 大阪医科大学 三島南病院外科

奥田 準二1) , 田中 慶太朗2) , 山本 誠士2) , 大住 渉2) , 濱元 宏喜2) , 鱒渕 真介3) , 石井 正嗣4) , 内山 和久2)

内容要旨
右側結腸癌に対しては,中枢側リンパ節郭清・血管処理と腸管授動までを腹腔鏡下に行い,腸間膜処理と腸切除・吻合は体外で行う腹腔鏡補助下手術が一般的である.腸切除と吻合までも体内で行う完全腹腔鏡下手術には腸液による腹腔内汚染や的確な腸切除・安全な吻合など手技の困難性が問題点として挙げられている.筆者らは,完全腹腔鏡下手術の問題点を克服すべく,術前日の抗菌薬内服を含む適切な腸管前処置のもとに手技をシステム化して安全に適用している.完全腹腔鏡下手術では,腫瘍部への操作を最後に最小限にするので腫瘍部への操作を極力回避する“no-touch isolation technique”をより良く遵守できること,過剰な腸管授動も回避でき,小切開創の部位制限がなく,吻合法に修熟すれば体外よりも安全に吻合を行えるなど,癌手術としても低侵襲手術としても質が高くなる.とくに肥満や癒着・腸間膜短縮などで体外での腸切除・吻合が困難な患者に極めて有用で修得すべき手技である.

キーワード
完全腹腔鏡下結腸右半切除術, 腹腔鏡下体内吻合術, 右側結腸癌


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。