[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1272KB)

日外会誌. 121(3): 294-300, 2020


特集

大腸癌に対する内視鏡手術の進歩

3.RPS(Reduced port surgery)―細径鉗子を用いた腹腔鏡下大腸切除術―

がん研究会有明病院消化器センター 大腸外科

松井 信平 , 福長 洋介 , 長山 聡 , 小西 毅 , 秋吉 高志 , 長嵜 寿矢 , 山口 智弘 , 向井 俊貴

内容要旨
Needlescopic surgery(NS)は,外径2〜3mmの細径器具を使用した内視鏡下手術のことを指し,Reduced port surgeryの一種として注目されている.NSに関する報告は1998年から認められ,現在まで徐々に増加している.NSの利点として,整容面の向上と術後疼痛の軽減が挙げられる.また,手術展開は従来の腹腔鏡手術と同様であり,単孔式手術と比べ,術者のストレス軽減にもつながると考えられる.実際に,術後疼痛は標準腹腔鏡手術とNSの比較において,術後の鎮痛剤使用回数が少ない傾向にあった.また,長期予後の観点からも結腸癌・直腸癌のどちらにおいても,同等の結果であった.細径鉗子類の細さゆえの把持力の低下および術野展開の困難さが挙げられるが,適切なlearning curveで習得できるという結果も得ている.NSに特有の術中偶発症や術後合併症を起こさないために,器具の特異性を充分理解し,適切に使用すればより患者に負担の少ない腹腔鏡手術が可能となると考える.

キーワード
腹腔鏡手術, 細径鉗子, 大腸癌, Needlescopic surgery


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。