[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (915KB)

日外会誌. 121(3): 288-293, 2020


特集

大腸癌に対する内視鏡手術の進歩

2.RPS(Reduced port surgery)―単孔式腹腔鏡下大腸切除術―

埼玉医科大学国際医療センター 下部消化管外科

平能 康充

内容要旨
単孔式腹腔鏡下大腸手術(以下,TANKO)は,2008年に提唱された臍部の小切開のみで手技を完遂する術式であり,整容性,術後疼痛の軽減や創関連合併症に関しては従来の腹腔鏡下手術と比較し更なる優位性をもたらすと考えられている.本邦での大腸癌に対するTANKOの施行症例数は,導入後2011年までは急速な増加を認めたが,その後は緩徐な増加となり2015年以降は減少傾向にある.この理由として手技の煩雑さや腫瘍学的安全性の確認がなされていないことがあげられてきた.しかしながら,現在までに本邦のWatanabeらのグループ1) をはじめ五つのRandomized controlled trial(以下,RCT)が施行され,TANKOは従来法と比較して周術期成績および短期成績に関しては遜色のない結果が報告されている.また近年では,後方視的な研究ではあるが癌の手術としての安全性に関しても問題がないとの報告も散見されるようになった.今後,更なる手技の定型化による煩雑性の解消ならびに質の高いRCTによる癌手術としての長期安全性の確認,ならびに多くの外科医のTANKOに対する懸念がロボットの性能により解消され,再度脚光を浴びる可能性があると思われる.

キーワード
大腸癌, 単孔式腹腔鏡下大腸手術, 腹腔鏡下手術, Reduced port surgery


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。