[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (714KB) [会員限定]

日外会誌. 123(5): 416-420, 2022


特集

低侵襲膵切除術の進歩

7.ロボット支援下膵頭十二指腸切除術:現在の課題と今後の展望

1) 藤田医科大学 総合消化器外科
2) 藤田医科大学 先端ロボット・内視鏡手術学

内田 雄一郎1) , 宇山 一朗2) , 髙原 武志1) , 三井 哲史1) , 水本 拓也1) , 岩間 英明1) , 小島 正之1) , 加藤 悠太郎2) , 須田 康一1)

内容要旨
2020年4月の本邦保険収載をうけて,ロボット支援下膵頭十二指腸切除術は急速に普及してきている.膵頭十二指腸切除術は複雑かつ合併症発生率が高い術式であり,本術式を安全に普及・発展させていくためには本術式の現状と課題を適切に認識し,一つ一つ改善していく必要がある.当科においても2009年に第1例を経験して以降様々な課題に直面し,自験例のみならず諸家の報告も参考にして適応・手技を変遷させてきた.現在報告されている本術式についての知見をまとめ,現在の課題と今後の展望について述べる.

キーワード
ロボット手術, 膵頭十二指腸切除術, ロボット支援下膵頭十二指腸切除術, ラーニングカーブ


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。