[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (687KB) [会員限定]

日外会誌. 123(5): 403-408, 2022


特集

低侵襲膵切除術の進歩

5.腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術

東京医科大学 消化器・小児外科学分野

永川 裕一 , 小薗 眞吾 , 瀧下 智恵 , 刑部 弘哲 , 三塚 裕介 , 中川 暢彦 , 本多 正幸 , 林 豊 , 石崎 哲央

内容要旨
腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(Laparoscopic pancreaticoduodenectomy ; LPD)は,内視鏡手術のエキスパートによって良好な手術成績が報告されているが,難度は高く,その治療成績は術者の手術経験数や施設症例数に大きく影響する.このため各施設における導入時の安全性の確保が大きな課題であった.本邦ではシステム化された安全管理体制や厳しい施設基準,各専門医・認定医制度により,各施設において安全にLPDが導入されている.一方で,ロボット支援手術の普及に伴い,低侵襲膵頭十二指腸切除術(MIPD)を行う上でロボット手術の有用性が報告されるようになった.現在,多くの外科医は高度な縫合技術を必要とするMIPDは,腹腔鏡下手術でなくロボット手術が主流になると考えるようになってきている.本邦では2020年にロボット支援膵頭十二指腸切除術が保険収載され,更なる普及が期待されている.今後,さらに進化したロボット手術の開発が予想され,MIPDを行う上で腹腔鏡下手術は一部のエキスパートでのみで行われる手技となるかもしれない.

キーワード
腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術, 膵頭十二指腸切除術, 低侵襲手術, ロボット支援膵頭十二指腸切除術


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。