[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1732KB) [会員限定]

日外会誌. 123(4): 339-345, 2022


特集

医療訴訟のここがポイント―外科医にとって今必要な知識―

7.医療事故調査制度と医療訴訟

1) 順天堂大学 医学部心臓血管外科学講座
2) 順天堂大学 病院管理学研究室

川﨑 志保理1)2) , 小林 弘幸2)

内容要旨
厚生労働省は,「医療に係る予期しない死亡」に対して,医療事故調査機構への報告義務を法制化した.外科学会に関与する外科,心臓血管外科,その他の外科系の一部に関していえば,全報告数の約1/3を占めており,外科的医療行為が医療事故調査制度からみてもハイリスクである.報告と同時に医療訴訟となった事例数は公表されてはいないがそれなりに存在している.医療訴訟の回避や対応には,事故の予防と事故後の対処が肝要であり,それには手術室における医療安全,病理解剖を含む事故後の院内調査が重要である.

キーワード
医療事故調査制度, 医療訴訟, 医療安全, 病理解剖, 院内調査


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。