[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (2145KB) [会員限定]

日外会誌. 123(2): 180-185, 2022


特集

Corona禍で大きく変わった学術活動,After Coronaでどう舵を切るか

8.これからの学術集会のあり方

九州大学大学院医学研究院 臨床・腫瘍外科

中村 雅史

内容要旨
外科系学会・研究会の学術集会は数が多く,内容にも重複がみられ参加者受益の視点での改革が必要である.新型コロナウイルスによるパンデミック以前,「学術集会の在り方ワーキンググループ」としてサブスペシャルティ学会も含めた合同学術集会であるSurgical Weekを推進してきたが,大規模人数参加の集会を開く会場等の物理的な課題があった.一方,コロナ禍でオンライン会議が急速に普及したことによりSurgical Week開催における会場の課題は克服可能となったが,学術集会改革の主な対象の一つである学術集会出席のための物理的・経済的な負担も軽減された.今後は,テーマの重複やオンライン配信のインフラ整備を最重要課題として改革を進めて行く必要がある.

キーワード
学術集会, Surgical Week, 学術集会の在り方ワーキンググループ, 新型コロナウイルス, オンライン


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。