[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (2514KB) [会員限定]

日外会誌. 122(5): 449-455, 2021


特集

大動脈弁疾患に対する外科的治療の現況

3.大動脈弁閉鎖不全症および大動脈基部拡大症例に対する大動脈弁温存手術

1) 埼玉石心会病院 心臓血管外科
2) 川崎幸病院心臓病センター 心臓外科

清水 篤1)2) , 高梨 秀一郎2)

内容要旨
大動脈弁閉鎖不全症(AR)や大動脈基部拡大に対する大動脈弁温存手術(AVSS)は増加傾向にある.CTやエコーを用いて病因が正確に把握できるようになった.それを元に,疾患を系統的に分類することで,原因に合わせた最適な手技を選択することができる.
AVSSの良好な短期・中期の遠隔成績は多数報告されているが,長期成績の報告はごく少ない.また,イベント(AR再発や再手術)の回避率は満足いく結果とは言えない.例えば,最近注目を集めている大動脈弁二尖弁(BAV)に対するAVSSは,短期的なAR制御は得やすいが,中期を過ぎた頃からARだけでなく大動脈弁狭窄(AS)が急速に問題となるという報告も多い.
術式の改良が得られたことで克服できたイベント危険因子は多数あるが,弁尖変性に対する複雑な介入の予後は悪い.安定した長期成績を持つAVSSを普及とさせる上で最も重要なことは,症例選択にあると言える.
大動脈弁や大動脈に対する治療は日進月歩であり,患者の年齢や全身状態に合わせて,最良な治療方法を常に考え直していく必要がある.

キーワード
大動脈弁温存手術(AVSS), 大動脈弁形成術(AVP), 自己弁温存基部置換術(VSRR), 大動脈弁二尖弁(BAV)


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。