[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (712KB) [会員限定]

日外会誌. 122(1): 32-37, 2021


特集

肺・胸腺神経内分泌腫瘍の治療

5.大細胞神経内分泌癌の治療

東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野

佐野 厚 , 伊豫田 明

内容要旨
肺大細胞神経内分泌癌は神経内分泌腫瘍の一つであり,非小細胞肺癌と比較して予後は不良である.治療選択についても腺癌や扁平上皮癌とは異なる.
切除可能な病期の場合には根治切除の対象となる.標準術式は肺葉切除とリンパ節郭清であり,積極的縮小手術の対象とはならない.根治切除後には病理病期ⅠA期であっても術後補助化学療法が有効である.術後補助化学療法には小細胞肺癌のレジメンが有効との報告が多い.定位放射線治療は手術と比較して治療効果は低く,手術に適さない例にのみ対象とすべきである.
進行・再発例に対する化学療法は非小細胞肺癌のレジメンと小細胞肺癌のレジメンの両方が選択肢となる.頻度は低いがEGFR遺伝子変異やALK融合遺伝子を検出した例では,EGFRチロシンキナーゼ阻害剤・ALK阻害剤の有効例が報告されている.免疫チェックポイント阻害剤についても一定の有効例が報告されている.

キーワード
肺大細胞神経内分泌癌, 化学療法, 手術, 補助化学療法


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。