[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (388KB)

日外会誌. 113(6): 532-535, 2012


特別寄稿

外科レジデントからみた,糸島法人内ナースプラクティショナー制度

糸島医師会病院 外科

坂本 良平 , 橋本 恭弘 , 佐藤 雅之 , 吉岡 晋吾 , 冨田 昌良

I.内容要旨
近年,外科医不足が深刻となってきている.このような状況の中で,外科医の労働環境の改善につながる,医師と非医師医療従事者の中間の職種として,診療を受け持つ米国のNP(ナースプラティクショナー)をモデルとした職種の育成や制度の認証の動きが始まっている.今回筆者は,医師法·保助看法の法律内で現場にて,米国のナースプラティクショナー(NP)に近い働きをする医師補佐職である,糸島·法人内ナースプラクティショナー(iNP)1) との協働を経験したので,その有用性を外科レジデントの立場から報告する.

キーワード
Nurse Practitioner(NP), チーム医療, 法人内ナースプラクティショナー(iNP)


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。