[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (320KB)

日外会誌. 111(5): 299-304, 2010


特集

小児臓器移植の現況

6.腎移植

名古屋第二赤十字病院 腎臓病総合医療センター移植外科

打田 和治

I.内容要旨
日本小児腎臓病学会,日本移植学会,日本小児腎移植臨床統計小委員会の統計調査をもとに小児腎移植について概説し,成人とは異なる小児腎移植の現況と問題点について述べた.小児腎移植は先天性腎尿路奇形を含む先天性腎疾患,巣状糸球体硬化症など成人と異なる原因疾患が多く,小児特有の移植腎予後像を示すが,小児腎移植の10年生存率は96.2%に達しもはや確立された医療となっている.しかし,成績の向上に伴う移植後期間の長期化は,身体的問題以外に小児―思春期―成人に至る精神·社会的問題を浮き彫りにさせ,チーム医療と患児の一生を見据えた全人的な医療の必要性を示した.

キーワード
小児, 腎移植, 小児腎移植


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。