[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (3212KB) [会員限定]

日外会誌. 124(4): 353-358, 2023


特集

外科的冠動脈血行再建術の現状と展望

8.虚血性心疾患に対する再生医療

大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科

河村 拓史 , 宮川 繁

内容要旨
虚血性心疾患を背景とする重症心不全の中には,既存の治療方法では救命できない患者が存在する.現在の重症心不全に対する根本的な治療方法である心臓移植や補助人工心臓治療の限界を補佐するための新規治療方法の開発は急務と考えられ,種々の細胞移植による心筋再生療法はその中でも有望な治療方法の一つと考えられている.大阪大学心臓血管外科ではこれまで,細胞移植による心筋再生療法を,基礎研究から臨床応用まで一貫した開発を行ってきた.その結果,これまでに自己骨格筋筋芽細胞シート移植,他家iPS細胞由来心筋細胞移植,脂肪由来幹細胞スプレー法による移植が臨床応用まで到達した.本論文では,これらの細胞移植による心筋再生療法に関して,その開発の背景,現状に関して提示する.

キーワード
重症心不全, 心筋再生医療, 細胞移植


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。