[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1330KB) [会員限定]

日外会誌. 124(1): 78-82, 2023


会員からの寄稿

「治療と仕事の両立支援」における外科医の役割

1) 独立行政法人労働者健康安全機構東京労災病院外科 
2) 独立行政法人労働者健康安全機構東京労災病院治療就労両立支援センター 
3) 独立行政法人労働者健康安全機構東京労災病院治療就労両立支援センター長 
4) 独立行政法人労働者健康安全機構東京労災病院院長 
5) 杏林大学名誉教授 

神山 博彦1)2) , 杉山 政則3)4)5)

内容要旨
平成29年の働き方改革実行計画に「病気の治療と仕事の両立」が掲げられた.外科治療は患者の生命予後の改善に大きく貢献している一方で,仕事を持つ患者は術後の様々なハンディキャップを抱えながら仕事をすることになるため,外科医も患者の治療と仕事の両立支援に取り組んでいく必要がある.両立支援における外科医の役割は,第一に「すぐに仕事を辞めないでも大丈夫ですよ」と患者に伝え,第二に院内の両立支援コーディネーターと連携することである.患者を多職種でサポートすることにより,治療も円滑に進めることができる.

キーワード
治療と仕事の両立支援


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。