[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1478KB) [会員限定]

日外会誌. 123(3): 228-233, 2022


特集

本邦の大腸癌治療の現状と展望―海外における標準治療と比較して

3.結腸癌の郭清範囲―D3郭清とCME

帝京大学医学部附属溝口病院 外科

小林 宏寿 , 高島 順平 , 鈴木 悠太 , 小泉 彩香 , 茂原 富美 , 塚本 充雄 , 山﨑 健司 , 杉本 斉 , 藤本 大裕 , 三浦 文彦 , 谷口 桂三 , 松谷 哲行

内容要旨
結腸癌に対する手術の基本は,胎生期の腸回転に伴い周囲組織に固定された腸管および腸間膜を破壊することなく元の固定されていない状態に戻す,いわゆるmesocolic planeでの剥離・授動とともに,支配血管を根部で結紮・切離する中枢方向のリンパ節郭清にある.本邦では従来より腸管切離長に関しては口側・肛門側ともに10cm程度で十分とされてきた一方,最近海外で広く行われつつあるcomplete mesocolic excision with central vascular ligationでは,D3郭清における腸管切離長の約1.5~2.5倍の腸管を切離しており,両者は腸管切離長において大きく異なる術式であることを認識する必要がある.

キーワード
結腸癌, リンパ節郭清, D3郭清, CME


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。