[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (702KB) [会員限定]

日外会誌. 123(2): 172-175, 2022


特集

Corona禍で大きく変わった学術活動,After Coronaでどう舵を切るか

6.ポストコロナ感染症の時代に国際学会の開催・参加方法はどう変わるか?

東邦大学大学院 消化器外科学講座・臨床腫瘍学講座

島田 英昭

内容要旨
新型コロナ感染症の影響で,2020年・2021年に開催予定であった国際医学会は大部分がオンライン開催となった.時差を気にしなければ,日常診療をあまり犠牲にしなくても最新の知見を視聴することが可能となったことである.実際に,日常業務の負担が大きいと感じている多くの外科医は,オンライン開催に大きなメリットを感じている可能性がある.主催する立場としては,一同に会するリアルな学会での偶然性や親近感など生番組の味わいを断念せざるを得ない状況となった.ポストコロナの時代に,この傾向はどのようになるのか?日本の外科系学会の置かれている現状と将来への戦略について考察してみたい.

キーワード
ポストコロナ, アジア, オンライン会議, 著作権


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。