[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (4005KB) [会員限定]

日外会誌. 122(6): 613-617, 2021


特集

コロナとの対峙 外科診療の変容とポストコロナへ向けて

5.COVID-19の外科診療への影響 1)外来

大阪大学 消化器外科

土岐 祐一郎

内容要旨
コロナ感染の感染爆発の初期には,各病院で診察延期や電話処方箋などにて外来再診患者の絶対数を減らす試みが行われた.一方で患者自身も院内感染を恐れ受診抑制やがん検診を受けない傾向にあった.この様な受診抑制は,癌の進行など重篤な予後の増悪を招くものであり,決して不要不急でないことを理解してもらう必要がある.その後,外来患者数は回復したが,院外からのウイルスの持ち込みを防ぐための,入り口での問診,検温,アルコール消毒は一般化し,面会制限をしている病院も多い.救急外来での感染リスクは高く,サージカルマスク,フェイスガード,PCR検査などの対策が必須である.病院クラスターの発生を防ぐためには外来での感染予防は極めて重要である.今後は警戒を続けながら,ワクチンの普及による収束に期待される.

キーワード
COVID-19, 受診抑制, 電話処方箋, 感染対策


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。