[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (591KB) [会員限定]

日外会誌. 122(5): 440-441, 2021


若手外科医の声

リサーチマインドを備えた外科医を目指して

大分大学医学部 呼吸器・乳腺外科学講座

橋本 崇史

[平成18(2006)年卒]

内容要旨
医師は現状の日常診療に満足することなく,新規治療の開発に取り組む姿勢が求められる.そのため,日常にある問題点を研究で解明していく心がけを日頃から持つことが重要である.研究の実践は,患者の生存期間の延長だけでなく,精神的な充足をもたらす場合もある.

キーワード
臨床研究, 治験, トランスレーショナルリサーチ, リサーチマインド, 肺癌


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。