[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (596KB) [会員限定]

日外会誌. 122(3): 292-293, 2021


理想の男女共同参画を目指して

女性外科医のキャリア形成と妊娠・出産

東京女子医科大学 心臓血管外科

冨澤 康子

内容要旨
日本では家事・育児の負担は女性に重く,女性医師も例外ではない.また,女性医師にとってはキャリア形成する時期と妊娠・出産する時期が重なり,臨床研修中に出産するともどれず,専門医資格をとってから出産すると,産む子供の数が限られ,さらに,育児と介護を同時に行うダブルケアがおこる.

キーワード
外科, ワーク・ライフ・バランス, 女性医師, 臨床研修制度


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。