[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (2596KB) [会員限定]

日外会誌. 122(2): 186-191, 2021


会員のための企画

手術室におけるCOVID-19の感染対策

1) 国立国際医療研究センター 外科
2) 国立国際医療研究センター 手術管理部門

山田 和彦1)2) , 原 徹男2) , 林 由香2) , 北川 大1) , 竹村 信行1) , 清松 知充1) , 國土 典宏1)

内容要旨
【はじめに】外科医にとって,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延は手術数の減少や感染対策に直面することとなり,エビデンスもないまま,様々な対応をせざるを得なかった.手術室を中心としたCOVID-19の感染対策の経緯について報告する.
【手術室における感染対策の経緯】1,COVID-19チェックリストを作成し,多職種での確認を行った.2,手術室におけるシミュレーションを行い,感染防御や手術室の運用を計画した.3,手術症例のPCR検査の導入を行った.4,2020年8月からの対応:第2波より,臨床所見や画像では判定できない陽性例が出現するようになり,緊急,臨時手術に対しては,迅速検査(フィルムアレイ)を用い,全手術に関して入室前に必ず感染の有無についての結果を出すフローに改変した.
【考察】関係する部門において定期的なミーティングを行い,状況の変化に対応した検査法や職員への周知を行った.しかしながら,手術症例の増加には至らず,財政的な問題は課題が残る.
【ポストコロナに向けて】市中の感染状況に応じた,さらに進んだ対策を常に改変していく必要があると考える.

キーワード
COVID-19感染, 手術室, 感染対策, PCRスクリーニング


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。