[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1526KB) [会員限定]

日外会誌. 122(2): 179-184, 2021


特集

肝胆膵領域腫瘍におけるBorderline resectable/Marginally resectableとは
―術前治療の可能性について―

8.膵臓癌

和歌山県立医科大学 第2外科

岡田 健一 , 山上 裕機

内容要旨
膵癌の進行度に関しては,AJCC(The American Joint Committee on Cancer)のステージングがすでにあり,膵癌の血管への接触角度などの画像所見に基づいて外科的技術の限界を理由にBorderline resectable(BR)の概念を規定することは,Biologicalには意義が低く,より臨床判断に役立つ分類が必要である.このBRの概念は術前治療導入時代に,顕微鏡学的癌遺残リスクを回避するために技術的に切除可能かどうかに注目し,解剖学的画像所見によるカテゴリーを規定したものである.しかし術前治療が多くの膵癌に適応される時代にこの初診時の画像診断に基づく切除可能性カテゴリーの存在意義はやや弱くなりつつあり,そもそもBRカテゴリーが必要かどうかも疑問である.現在必要とされるものは,治療中の各ポイントにおいて切除することが許容されるかどうかを判断するカテゴリーであり,バイオマーカーや術前治療中,治療後の効果判定に基づいて,手術を選択することが治療の最終目標に益するかどうかを判断できるカテゴリーが必要とされている.近年,術前治療前後に得られる様々なパラメーターに関する研究報告があり,それらを統合的に評価利用することで,局所進行切除不能膵癌も含めた全膵癌に適応できる全く新しい概念のカテゴリーが時代に求められている.

キーワード
膵癌, 術前治療, 組織学的効果


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。