[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (3428KB) [会員限定]

日外会誌. 122(2): 166-171, 2021


特集

肝胆膵領域腫瘍におけるBorderline resectable/Marginally resectableとは
―術前治療の可能性について―

6.胆嚢癌

1) 名古屋大学大学院医学部 医学系研究科腫瘍外科
2) 愛知県がんセンター 

水野 隆史1) , 江畑 智希1) , 梛野 正人1)2)

内容要旨
胆嚢癌は疾患特異的な自覚症状に乏しく,初診時に高度のリンパ節転移や隣接他臓器浸潤を認める進行癌として発見される症例も少なくない.拡大切除術式の積極的適応により進行胆嚢癌の切除率は向上したが,拡大切除によっても非根治的切除となる症例や切除後の早期再発症例も存在し,治療成績は未だ満足できるものではない.近年,切除不能胆道癌に対する薬物療法の治療成績が急速に進歩している一方,局所進行癌における切除可能/切除不能の境界については施設間で異なっており明確なコンセンサスが得られていない.しかしながら切除可能/不能を明確に判断しうる症例の間には,技術的に切除が可能であっても非根治切除となる蓋然性が高く,予後延長効果が期待しづらい症例群が存在し,かかる症例群を“borderline resectable”胆嚢癌として独立して定義することにより,集学的治療戦略の有効性を議論できる可能性がある.

キーワード
胆嚢癌, 肝膵十二指腸切除, hepatopancreatoduodenectomy


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。