[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1727KB) [会員限定]

日外会誌. 122(2): 140-146, 2021


特集

肝胆膵領域腫瘍におけるBorderline resectable/Marginally resectableとは
―術前治療の可能性について―

2.肝細胞がん

東京大学 肝胆膵外科

市田 晃彦 , 有田 淳一 , 長谷川 潔

内容要旨
脈管侵襲,肝外病変,手術時に腫瘍の遺残が予想される,などの予後不良因子を有する進行肝細胞癌はたとえ手術を行ったとしてもその予後は不良であり(腫瘍学的切除不能),ガイドラインによっては手術が推奨されていない.本邦の肝癌診療ガイドライン(2017年版)では門脈一次分枝までの脈管侵襲は手術適応とされているが肝外病変を有する症例や腫瘍遺残が想定される症例に外科的切除は推奨されていない.しかし他に有効な治療法が無いことから,一部の専門施設ではこのような進行肝細胞癌に対しても切除が行われてきた.このような腫瘍学的切除不能肝細胞癌や技術的切除不能肝細胞癌は何らかの非外科的治療を行った後に手術を行う,集学的治療による予後改善が模索されてきた.しかし従来の肝動脈化学塞栓療法やソラフェニブなどの薬物療法による前治療の効果は限定的であった.近年,経口マルチキナーゼ阻害剤のレンバチニブや抗PD-L1抗体アテゾリズマブとベバシズマブ併用療法など奏功率の高い新規薬物療法が報告されている.これらを用いた手術前治療やダウンステージング後のconversion surgeryによる予後の改善が期待されている.2019年7月より切除不能肝細胞癌に対してレンバチニブ投与後にどれほどの割合でconversion surgeryが可能となるかを検証する臨床試験(LENS-HCC試験)が開始されており,その結果が期待される.

キーワード
進行肝細胞癌, 術前補助療法, conversion surgery, レンバチニブ, アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。