[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (593KB) [会員限定]

日外会誌. 122(2): 135-136, 2021


理想の男女共同参画を目指して

日本の外科医が減っている.次の一手は何?

東京女子医科大学 心臓血管外科

冨澤 康子

内容要旨
外科医の減少対策には,選択率ばかりでなく,定着率を改善することが必要である.また,支援される外科医ばかりでなく,支援する側の外科医もワーク・ライフ・バランスが保てることが重要である.最良の方法ではないが,外科が崩壊する前に,定款を変更し,女性代議員を全国区でクオタ制にて選出することを提案する.

キーワード
外科, 会員, ワーク・ライフ・バランス, 専門医, 定着率


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。