[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (5142KB)

日外会誌. 122(1): 57-61, 2021


会員のための企画

再生医療の現況と今後の展望

1) 国立成育医療研究センター 研究所再生医療センター
2) 弘前大学医学部 消化器外科学講座

阿久津 英憲1) , 萩原 悠介1)2) , 鶴田 覚2)

内容要旨
再生医療とは,病気やけがで機能不全になった組織や臓器を再生あるいは補助する医療であり,再生医療技術は創薬などへの応用も期待されている.本邦では,再生医療の実用化を促進する制度的枠組みが整い,医療のみならず再生医学や再生医療関連産業の更なる発展が期待されている.法律施行から6年が経ち再生医療製品の上市数が順調に増える一方で,開発上の課題として高額な費用や長期間研究開発にかかることなど課題も明らかになってきた.本稿では,幹細胞の基礎的特性を理解しつつ,再生医療の制度的枠組みと開発の現況について概説し,今後の再生医療の課題と可能性についても述べる.

キーワード
stem cells, regenerative medicine, clinical trial, human embryonic stem cells


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。