[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (734KB)

日外会誌. 121(5): 492-496, 2020


特集

改めて認識する小児急性腹症治療に対する外科医の役割

2.小児急性腹症―総論―

杏林大学 小児外科

浮山 越史 , 渡邉 佳子 , 阿部 陽友

内容要旨
小児の急性腹症は,早期に適切に診断,治療が行われなければ,患児の生命予後や重篤な合併症に影響する疾患,病態が含まれる.絞扼性イレウス,臓器の血流障害,出血性疾患,腹膜炎,ショック症状を伴う腹痛が疑われる場合には,超音波検査と造影CTで早期診断し,早期治療が求められる.外科医はそれらの疾患の治療のみならず,診断に関与し,経験の少ない小児科医師へ教育することも必要である.また,小児科との連携も重要である.

キーワード
小児, 急性腹症, 腹痛, 外科医


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。