[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (227KB)

日外会誌. 118(4): 389-391, 2017


理想の男女共同参画を目指して

女性外科医が働き続けるために

徳島大学大学院 医歯薬学研究部消化器・移植外科学

髙須 千絵 , 島田 光生

内容要旨
社会全体が女性活躍支援を掲げる今,外科社会においても男女共同参画の実現が叫ばれている.子育てへの理解が進む中で,外科医の勤務環境の改善は乏しく,特例として扱われている女性医師も少なくない.男女共同参画の実現のためには,主治医制などの古い外科気質から脱却し,外科全体のワーク・ライフ・バランス(WLB)の改善が必要である.

キーワード
男女共同参画, ワーク・ライフ・バランス

このページのトップへ戻る


PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。