[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (218KB)

日外会誌. 113(6): 512-514, 2012


特集

内分泌外科の現状と将来

7.内分泌·甲状腺外科専門医

川崎医科大学 乳腺甲状腺外科

園尾 博司

I.内容要旨
内分泌·甲状腺外科専門医制度は,日本内分泌外科学会(会員数約1,000名,主として外科医と泌尿器科医で構成)と日本甲状腺外科学会(会員数約1,000名,主として外科医と耳鼻咽喉科医で構成)の2つの学会の共通の制度であり,2008年に設立された.2009年1月1日付で,内分泌·甲状腺外科暫定専門医が初めて誕生し,2012年1月現在,合計358名を数える.2012年10月に第1回の専門医試験(筆記および口頭)が実施され,正規の専門医が誕生する.現在,認定施設·関連施設は合計127施設である.本稿では,この専門医制度の概要を述べるとともに今後の問題点についても言及する.

キーワード
専門医, 内分泌·甲状腺外科, 日本内分泌外科学会, 日本甲状腺外科学会


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。