[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (282KB)

日外会誌. 110(2): 78-81, 2009


特集

Sentinel Node Navigation Surgeryの進歩

5乳癌

杏林大学 医学部外科

井本 滋

I.内容要旨
乳癌におけるセンチネルリンパ節生検(Sentinel Node Navigation Surgery, SNNS)は,極めて精度の高いリンパ節転移診断法である.センチネルリンパ節を同定する方法として,トレーサー,その投与部位,トレーサーを検出する機器などさまざま試みられている.センチネルリンパ節を転移診断する方法として,多割面多切片の標本作成,免疫組織染色,分子マーカー診断などさまざまな工夫がなされている.一方,センチネルリンパ節に微小転移を有する乳癌におけるリンパ節郭清(郭清)の是非,予後への影響,補助療法の選択など,現在臨床試験が進行中である.

キーワード
乳癌, センチネルリンパ節, リンパ節郭清, 微小転移


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。