[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (357KB)

日外会誌. 109(5): 279-282, 2008


外科学会会員のための企画

日常診療で知っておきたい法知識

医療現場における個人情報保護法

仁邦法律事務所 

桑原 博道

I.内容要旨
医療現場における個人情報保護については,個人情報保護法施行後3年を経て,運用上の課題が整理された感がある.具体的には,医療従事者個人としての対応上の注意点については,捜査機関への対応,特に任意捜査の場合の対応が明らかとなっている.また,災害時の家族や警察署からの問合せへの対応も明らかとなっている.なお,児童虐待とドメスティック·バイオレンスとでは,若干の違いがあることに留意する必要がある.医療施設としての取組みについては,院内掲示の重要性は依然として高く,委託業者との関係についても見逃すことはできない.
したがって,この時期を捉えて,これらについて再確認することをお勧めしたい.

キーワード
捜査関係事項照会書, 児童虐待とDV, 院内掲示


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。