[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (898KB)

日外会誌. 106(11): 677-684, 2005


特集

先端技術の外科学への応用

2画像診断の最先端―PET/CT3DCT―

1) 名古屋市立大学大学院共同研究教育センター 中央放射線部
2) 名古屋市立大学大学院 量子放射線医学分野
3) 名古屋共立病院 放射線科
4) 名古屋放射線診断クリニック PET画像診断センター

原 眞咲1) , 大島 秀一2) , 鈴木 宏昌2) , 白木 法雄1) , 北瀬 正則2) , 芝本 雄太2) , 玉木 恒男3) , 西尾 正美4)

I.内容要旨
PET装置の導入が近年急速に進んでおり,今後,2-[fluorine-18]fluoro-2-deoxy-D-glucose(FDG)を用いたpositron emission tomography(PET)の重要性が臨床の現場で増大することが予想される.装置自体も改良が進んでおり,昨年より,PETとCTとを融合させたPET/CT装置の発売が本邦においても開始された.搭載されるCTは当初4列型のmulti-detector CT(MDCT)あるいはmulti-slice CT(MSCT)であったが,CT撮影装置の改良に伴って現在では,16列型,8列型も選択可能となっている.
一方,CT装置の進歩は急速かつ着実に進んでおり,1998年に4列型CTが導入されて以来,2004年に32,40列型,2005年には64列型が順次市場に導入されている.多列化の進化により,広範囲(全身)の撮影がより短時間にて達成されたが,他方,範囲を限定すれば,XYZ軸方向の空間分解能が等しいisotropic画像も得られるようになり,矢状断,冠状断など任意の方向の断面像をはじめとして,血管造影像,透視画像など高精度の立体的な再構成画像をCTデータから作成することが可能となった.
本稿においてはPET/CT装置の特徴と有用性および多列CTにより可能なりつつある,多次元画像の現況について解説する.

キーワード
PET/CT, FDG-PET, 3DCT, MDCT, MSCT


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。