[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1223KB) [会員限定]

日外会誌. 123(6): 584-588, 2022


特別寄稿

わが国の遺体を用いた教育・研究の適正な推進のための4提言

1) 東京慈恵会医科大学産学連携講座腎臓再生医学講座 
2) 北海道大学大学院医学研究院 消化器外科学教室Ⅱ
3) 千葉大学 大学院医学研究院環境生命医学
4) 名古屋大学大学院医学系研究科 脳神経外科学
5) 東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
6) 徳島大学 感覚運動系病態医学講座運動機能外科学(整形外科)
7) 生命倫理政策研究会 

小林 英司1) , 七戸 俊明2) , 鈴木 崇根3) , 荒木 芳生4) , 山本 和央5) , 後東 知宏6) , 橳島 次郎7)

内容要旨
わが国の献体制度に立脚した遺体を用いた教育・研究で専門領域を超えて適正に推進するために,厚生労働班会議「献体による効果的医療技術教育システムの普及促進に関する研究」では,ワーキンググループ(WG)を組織した.WGでは,これまでのCST報告を解析し,献体制度を堅持しつつ,遺体を用いた臨床医学の教育・研究を推進するために,4項目からなる提案をまとめた.

キーワード
献体, 手術手技教育, 医療機器開発


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。