[書誌情報] [全文HTML] [全文PDF] (1916KB) [会員限定]

日外会誌. 123(6): 525-530, 2022


特集

ロボット支援下手術の現況と展望

3. ロボット支援下手術の現況と展望 <胃>

名古屋市立大学大学院医学研究科 消化器外科学

瀧口 修司 , 佐川 弘之 , 伊藤 直 , 早川 俊輔 , 上野 修平 , 大久保 友貴 , 田中 達也 , 小川 了 , 高橋 広城 , 松尾 洋一 , 三井 章 , 木村 昌弘

内容要旨
ロボット支援胃癌手術は,2018年4月に保険収載され,急速に普及している.ロボット手術の術後合併症は,腹腔鏡下手術と比較して腹腔内感染性合併症および膵液漏の発生割合が低率とする本邦からの報告がある.多施設共同無作為化比較試験としてロボット支援手術の腹腔鏡下手術に対する優越性を検証する試験 (JCOG1907) が進行中であり,真の有用性をみる上でその結果が注目されている.ロボット手術の最大の特徴は,高拡大3D HD画像により解剖認識能力の向上にある.しっかりと観察し,手術の基本コンセプトである「切開」,「剥離」,「切離」の手技をロボットアームで的確に行えることがポイントである.多関節機能,motion scale,や手ぶれ防止機構が精緻な手技につながり,Tile Pro機能やFirefly機能を駆使することでより安全で確実な手術に結びつけることができる.今後,ロボット手術には他臓器浸潤やBulkyリンパ節転移をきたした高度進行胃癌,残胃癌,食道胃接合部癌,術前化学療法やConversion症例においても安全で安定した治療成績につながると思われる.ロボット手術の普及に伴い,各施設での指導技術の向上も期待され,手術教育体制も今後変化するものと思われる.

キーワード
胃癌, ロボット手術, 高度進行胃癌, 傍腹部大動脈リンパ節郭清


<< 前の論文へ次の論文へ >>

PDFを閲覧するためには Adobe Reader が必要です。